HOME>錠前交換

錠前交換

管理方法に合わせたキーチェンジが可能です。
防犯性も高く、転出入の多いマンション・アパートの管理に最適です。

キーやツールの種類と用途

美和ロック:LBシリンダー

美和ロック:LBシリンダー
  • シリンダー交換が不要で管理コストの低減化を図れます
  • ピッキング、ドリル、ホーソー攻撃にも高い抵抗力があります
  • 物件管理者以外の複製や予備キー手配システムで防止できます
可変シリンダー運用例
工事中 コンストラクションキー

施工業者が全住戸に対応したコンストラクションキーで各住戸を管理します。

コンストラクションキー工事終了後 リセットキー&住戸キー(A)

入居者が決定した際、1本のリセットキーを使用して、シリンダーをリセット状態にし、ファーストキー(住戸キー)を設定してコンストラクション装置を解除します(※)全住戸セット後は、リセットキーを破棄します。

リセットキー&住戸キー(A)

入居者が決まるまで、管理者はコンストラクションキーリセットキーを保管しておきます。

※リセットキーを回しただけではコンストラクション装置は解除できません。

管理者が保管
入居時 ニュートラルキー&住戸キー(A)   入居中 ニュートラルキー&住戸キー(A)

管理者が入居者に住戸キー(A)ニュートラルキー(A)を渡します。

※管理者がニュートラルキーを保管する運用もあります。

 

入居者は住戸キー(A)で施解錠します。
ニュートラルキーは保管しておきます。

 

ゴール:UKS2

ゴール:UKS2
  • シリンダー交換が不要で必要に応じて繰り返しキーチェンジが可能
  • 防犯性の高いディンプルキーで実現します
  • ピッキングやインプレッションなどの不正解錠は不可能
運用例の図
ポリスチャンネル防犯に対するビデオ図書館です。
すべて無料で視聴できます。

このページのトップへ